トップページ / お問い合わせ 
心の絆ネットワーク


2000年4月の制度発足から約20年以上が経過して、ようやく成年後見制度はゆっくりと着実に利用が広がりを見せ始め、判断力が低下した高齢者などの生活を支える制度として市民社会に定着しつつあります。
しかし、その一方で高齢者や障がいのある人を狙った消費者被害の多発や、孤立した高齢者世帯の現状に目を向けると、後見人の役割等、制度の活用に対する正しい知識や理解が進んでいるとは言えない状況にあるといえます。
本来、成年後見制度には複雑な仕組みは一切なく、その運用も介護保険などの制度と比べれば遥かにシンプルなものです。

後見ネットワーク「絆」の役割

〜市民による成年後見推進の拠点を目指して〜

後見ネットワーク「絆」は、
医療・福祉・行政機関との連携、市民後見人養成講座、出張セミナーの実施、成年後見冊子・資料の提供などを通じて、成年後見に関わる「人と情報が自由に行き交う」交流拠点を目指して活動を続けています。


「成年後見」の二つの制度

「成年後見制度」は、認知症や知的障がいなどで判断力が不十分となった成年者のために、法律上の権限と責任を持った「後見人」をつけて、ご本人が支障なく普通の生活を送れるように支援する制度です。

成年後見制度は「法定後見」「任意後見」という二つの異なる制度から成り立っています。
いずれにおいても、後見人はご本人の意思を最大限に尊重し、心身の状況や生活の状況に配慮しながら、ご本人が安心して生活を送れるよう、最善の努力をする責任を負っています。


「成年後見」の利用手続きは、以下の通りです

画像クリックで拡大します



成年後見に関する、ご相談・ご質問は…

成年後見に関する、もっと詳しい資料のご請求、ご相談、ご質問などありましたら、
こちらまでお気軽にご連絡ください。

広島県広島市中区八丁堀6-11 グレイスビル2F
(Google mapが開きます)
成年後見常設相談所 後見ネットワーク「絆」

TEL 082-221-8606
FAX 082-224-5032

◆お問い合わせ・申し込みはこちらから